社会福祉法人 片品村社会福祉協議会ホームページ

社会福祉法人 片品村社会福祉協議会
ふれあい片品

文字のサイズ

最新情報

群馬県戦没者追悼式に参列

前橋市のALSOKぐんまアリーナにおいて
群馬県戦没者追悼式が挙行されました。

片品村からは本部役員4名が参列し、同日
日本武道館で行われた全国戦没者追悼式にも
3名の代表の方が参列しました。

遺族代表献花には、利根郡支部長でもある
星野弘一片品村遺族会長が利根郡代表として
献花を行いました。

参加された遺族会役員の皆さん、ご苦労様でした。

 

秋田県豪雨災害支援に職員を派遣(支援P)

7月22日頃からの豪雨により、多大な被害を受けた秋田県に
災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(略称:支援P)
からの要請により、職員1名を派遣しました。

派遣先は秋田市社協で、派遣期間は5日~11日の一週間(移動日を含む)で
ボランティアセンターの運営支援などをさせて頂きました。

秋田市の被害は床上・床下合わせて500件を超える状況となっています。

参考:赤■が床上浸水の被害(かなり広範囲に広がっています)

床下には2週間以上経っても泥が溜まったままのお宅もありました。

9日~10日の台風に備え、土のう袋を積み上げ
埋まってしまった水路の、一時復旧が必要な場所もありました。

災害ボランティア活動には夏休みを利用し、
親子で参加されている方々も居たりして、
とても活動の励みとなりました。
(保護者の許可を得て撮影・掲載しています)

市内ではちょうど「竿燈まつり(かんとうまつり)」が行われ、
民生委員100周年を記念したパレードがありました。

今回の移動には日本郵便から助成された多目的移送車両が使用され、
ボランティア活動の資機材や物資運搬などにも活用しました。

実働5日間という、わずかな支援しかできませんでしたが、
今後の早期復旧・復興を心よりお祈りします。
ありがとうございました。

 

県身障連カラオケ大会

群馬県社会福祉総合センター8階ホールにおいて
群馬県身体障害者福祉団体連合会主催の
第25回カラオケ交流大会が行われました。

片品村からは星野安正さん(築地)が出場しました。

残念ながら入賞は逃しましたが、
審査員の方から評価を頂きました。

終了後には、ゲスト歌手の和平和子さんによる
歌謡ショーが行われ、素敵な歌声を聞かせてくれました。

参加された皆さんご苦労様でした。

今日のふれあいサロン(鎌田(下))

今日のふれあいミニサロンは鎌田3・4組で行われました。

自己紹介(夏野菜といえば)・パタカラちょうちょ(富士山)・
風船的あてゲーム・じゃんけんオセロゲーム、などを楽しみました。

風船的当てゲームでは、大きさ・重さの違う風船に惑わされ、力加減が難しい…。
最高120点を出したのは、トウモロコシさんでした。

じゃんけんオセロは、とにかくサイコロでじゃんけんに勝たなければ…。
負けが続いた、なしチームは、ピンク色のカードがなくなってしまい…
皆さん大慌て…でも、最後は…勝てませんでした。

今日の紹介は、入澤シンさん(89歳)
今の楽しみは?と尋ねると、「お見合いでデートをする事♡」
と笑顔で答えてくれました。

今日のふれあいサロン(鎌田(上))

今日のふれあいミニサロンは、鎌田1・2・5組で行われました。

パタカラ体操、歌、リンボウダンス、風船的当て、
ダーツ、などを楽しみました。

ダーツゲームは、力任せに投げはね返ったり、
力不足で届かなかったりで大笑い。

リンボーダンスゲームは、欲をかいて積みすぎアウトになったり、
数を少なくしなんなく通過したりと様々でした。
笑い声は途絶える事なく起こっていました。

今日の紹介は、星野澄枝さん(81歳)
日々、和讃(わさん)とクイズをやっている。
和讃は「白房」だと話していました。

担当ヘルパー 笠原はつ子

今日のふれあいサロン(伊閑町・閑野)

今日のふれあいサロンは、伊閑町と閑野で行われました。

 

●伊閑町

自己紹介(好きな野菜)・歌(われは海の子)・パタカラちょうちょ・
リズムナンバー・シーツでボール廻し・博文さんによる紙芝居(吹割の滝)
などを楽しみました。

越本地区の民生委員さん、入澤博文さんが来て下さいました。
電気ナマズのお話や、手作りの紙芝居を持って来て下さって、
伊閑町の皆さんに披露して下さいました。

シーツでボール廻しでは、難しいと言いながら全員のチームワークの良さが、
ボールでシーツ4周につながりました。お見事!

博文さんの手作り紙芝居に、皆さんとても感激していました。

担当ヘルパー 星野明美

 

●閑野

パタカラ蝶々・歌(富士山・案山子)・マンカラ・
お手玉じゃんけん争奪戦、などを楽しみました。

パタカラ蝶々は、次回までに練習という宿題を出されていたが、
「そんな事は、忘れてた」と大笑い。

お手玉マンカラは、半信半疑で始めたが、二廻り目あたりから
作戦もバッチリ!真剣勝負でした。

今日の紹介は、美女三人組です。いい笑顔でしょ!
(左から)吉野ひさ子さん・吉野操さん・吉野しま子さん

担当ヘルパー 星野充子

 

 

 

生活支援体制整備協議体、地域福祉・活動計画専門部会

平成29年度 第1回 生活支援体制整備協議体が
片品村社協ふれあい館2階の研修室で行われました。

片品村役場保健福祉課の川田貴広(写真)より、
これまでの経過報告や、今後の進め方について説明を行いました。

また今年度から生活支援コーディネーターの
笠原満里(写真)と千明留理子の紹介をしました。

県社協地域福祉課 中越課長が同席され、
活動のアドバイスや今後の進め方などについて
解説を頂きました。

 

続いて、第3次 片品村地域福祉計画・地域福祉活動計画の
専門部会が行われました。

千明道太社協会長から開会にあたり挨拶がありました。

さっそく各区ごとに別れ、前回出された課題の整理と
まとめに取り組んで頂きました。

各区とも真剣な意見交換が行われ、多くの課題を前に
解決策や取り組みなどを検討、まとめて頂きました。

参加された役員の皆さん、お疲れ様でした。

※次回の専門部会は9月7日(木)午後2時からです。

今日のふれあいサロン(古仲)

今日のふれあいミニサロンは古仲で行われました。

自己紹介(夏と言えば?)、パタカラちょうちょ歌体操、
栄養士(栄養指導、献立別釣りゲーム)、風船的投げ、などを楽しみました。

今日から8月、気温のわりに蒸し暑い日、栄養士の小林ゆりさんを迎え、
脳トレとゲームを混じえた栄養指導で楽しみました。

風船的投げゲームでは、得点に差が出ましたが、上手くいかぬが世の常、
みんな笑顔で、めでたしめでたし!

今日の紹介は、星野初女さん(80歳)
風船的投げで最高得点!
感想は「うれしい!!」でした。

担当ヘルパー 星野直子

片品村遺族会 役員会・忠魂碑清掃

片品村遺族会の役員会が片品村社協ふれあい館で開かれました。

会長の星野弘一さんの挨拶で始まり、
議題は次の通りです。

  1. 全国・群馬県戦没者追悼式について
  2. 利根郡支部役員研修会について
  3. 群馬県護国神社例大祭について
  4. 片品村遺族会役員研修について

その他などについて話し合われ、決定されました。

終了後には寄居山にある忠魂碑に移動し、
お盆を前に草むしりと清掃作業を行いました。

終了後には役員全員でお線香を上げ、
戦没者のご冥福をお祈りしました。

参加された役員の皆さん、暑い中ご苦労様でした。

今日のふれあいサロン(細工屋・新井)

今日のふれあいミニサロンは、細工屋と新井で行われました。

 

●細工屋

誤嚥性肺炎について・パタカ パタカ・歌・手指体操・高得点を狙え・
地域ビンゴ・ヤクルトゲーム・おはじき点取り、などを楽しみました。

パタカラちょうちょうからはじまり、いろんなゲームの中でも
地域ビンゴは最高に盛り上がりました。

カードの中に1回休みとか2回休みのカードが出るたび、
大きな声の笑いが絶えませんでした。

福祉委員さんのお孫さんの凜ちゃん3才が参加してくれ、
賑やかな時間となりました。

担当ヘルパー 戸丸恵子

 

●新井

パタカラ蝶々(口体操)、歌、風船的当てゲーム、
お手玉リンボーダンス、缶押しゲーム、数字狙え、などを楽しみました。

風船的投げは自分の意と反する所におちて、ガッカリしたり、
ホットしたりで苦笑い。

お手玉リンボーダンスはそれぞれに工夫され、真剣に取り組まれていました。
30個運ばれた方が2名いて、その方達には、大きな拍手で讃えられていました。

今日の紹介は、梅澤羊太さん(80歳)
これという楽しみもないが、若い人達の手助けになればと、
できる事をしている、と笑顔で話してくれました。

担当ヘルパー 笠原はつ子


  • ページトップへ

社会福祉法人 片品村社会福祉協議会

〒378-0415  群馬県利根郡片品村鎌田4051-4
【TEL】 0278-58-4812   【FAX】 0278-58-3718
【E-Mail】 

Copyright © 社会福祉法人 片品村社会福祉協議会. All Rights Reserved.