社会福祉法人 片品村社会福祉協議会ホームページ

社会福祉法人 片品村社会福祉協議会
ふれあい片品

文字のサイズ

最新情報

できごと

秋田県豪雨災害支援に職員を派遣(支援P)

7月22日頃からの豪雨により、多大な被害を受けた秋田県に
災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(略称:支援P)
からの要請により、職員1名を派遣しました。

派遣先は秋田市社協で、派遣期間は5日~11日の一週間(移動日を含む)で
ボランティアセンターの運営支援などをさせて頂きました。

秋田市の被害は床上・床下合わせて500件を超える状況となっています。

参考:赤■が床上浸水の被害(かなり広範囲に広がっています)

床下には2週間以上経っても泥が溜まったままのお宅もありました。

9日~10日の台風に備え、土のう袋を積み上げ
埋まってしまった水路の、一時復旧が必要な場所もありました。

災害ボランティア活動には夏休みを利用し、
親子で参加されている方々も居たりして、
とても活動の励みとなりました。
(保護者の許可を得て撮影・掲載しています)

市内ではちょうど「竿燈まつり(かんとうまつり)」が行われ、
民生委員100周年を記念したパレードがありました。

今回の移動には日本郵便から助成された多目的移送車両が使用され、
ボランティア活動の資機材や物資運搬などにも活用しました。

実働5日間という、わずかな支援しかできませんでしたが、
今後の早期復旧・復興を心よりお祈りします。
ありがとうございました。

 

生活支援体制整備協議体、地域福祉・活動計画専門部会

平成29年度 第1回 生活支援体制整備協議体が
片品村社協ふれあい館2階の研修室で行われました。

片品村役場保健福祉課の川田貴広(写真)より、
これまでの経過報告や、今後の進め方について説明を行いました。

また今年度から生活支援コーディネーターの
笠原満里(写真)と千明留理子の紹介をしました。

県社協地域福祉課 中越課長が同席され、
活動のアドバイスや今後の進め方などについて
解説を頂きました。

 

続いて、第3次 片品村地域福祉計画・地域福祉活動計画の
専門部会が行われました。

千明道太社協会長から開会にあたり挨拶がありました。

さっそく各区ごとに別れ、前回出された課題の整理と
まとめに取り組んで頂きました。

各区とも真剣な意見交換が行われ、多くの課題を前に
解決策や取り組みなどを検討、まとめて頂きました。

参加された役員の皆さん、お疲れ様でした。

※次回の専門部会は9月7日(木)午後2時からです。

ふれあいバザールちびっ子商店街から寄附

先日の「ふれあいバザール」において、
片品村商工会青年部が小学生などと行った
「ちびっこ商店街」の売上金の一部を、
福祉のためにとご寄付頂きました。

子供達のご趣意に添うよう有効に活用させて頂きます。
ありがとうございました。

ひとり暮らし高齢者保養事業

6月28日、毎年恒例のひとり暮らし高齢者を対象とした
保養事業が行われました。

今年は富岡製糸工場の見学に訪れました。

見学にはガイドさん(右)が丁寧に説明をしてくれて
皆さん真剣に聞いていました。

その後は、ガトーフェスタハラダの工場見学と
お買い物をしてきました。


※資料提供 ガトーフェスタハラダ本社工場

その後は、道の駅「玉村宿」で買い物をして、
無事に帰って来ました。

参加された皆さん、お疲れ様でした。

地域福祉計画・活動計画 専門部会

第3次 片品村地域福祉計画・地域福祉活動計画の
第1回 専門部会が、片品社協ふれあい館2階の
研修室で開かれました。

先日の策定委員会で選任された専門部会の方々に
委嘱状が交付され、代表で民生委員の高橋恵吉さんに
会長から手渡されました。

片品村社協会長の千明道太会長の挨拶。

策定委員長が都合で欠席のため、副委員長の
高山悦夫さんの挨拶。

講師には群馬県社協の地域福祉課から
課長の中越信一氏(右)と、山田真喜子氏を
お迎えし、説明をお願いしました。

県内の策定の様子や、これまでの片品村の策定の経緯など
初めての委員にも分かりやすく説明して頂きました。

その後は各区ごとに別れ、先日の地区別福祉関係者会議で出された
課題や解決策のヒントなどを、それぞれに整理する作業に
さっそく取り掛かってもらいました。

参加された委員の皆さん、3月の計画策定まで
よろしくお願いします。

 

 

社協 評議員会・理事会・共募運営委員会・福祉計画策定委員会

6月20日に片品村社会福祉協議会の評議員会が行われました。

星野千里会長の挨拶のあと、新たに評議員になられた方に
委嘱状が交付され、代表で今井功(副議長)に手渡されました。

本日の議題は、
①平成28年度事業報告
②平成28年度一般会計決算
③訪問介護事業等運営規程の一部変更
④理事の選任(交代)
その他として、
・第3次片品村地域福祉活動計画 策定委員及び専門部会
・事業継続計画(BCP)
などが話し合われ、承認となりました。

 

続いて、社協の理事会が行われました。

先の評議員会で選任された理事の方々に対し、委嘱状が交付され
代表で千明道太(議長)に手渡されました。

今回の議題は、会長の辞任に伴い
会長・副会長の選定が行われ、
千明道太(議長)が会長に選ばれました。

副会長には、高山悦夫(総務文教常任委員長)が
新たに選任されました。

 

終了後に、共同募金運営委員会が開かれ
会長(村長)が公務出張のため、代理で副会長の
星野直(民協会長)の挨拶がありまました。

続いて新たに運営委員になられた方々に対し
委嘱状が交付され、代表に千明道太(議長)に
渡されました。

今回の議題は、
①片品村支会会則の一部変更
②副会長及び監事の選任(交代)
・副会長 千明道太(議長)
・監事 星野弘一(遺族会長)
その他などが話し合われ、承認となりました。

 

さらに終了後には、
第3次 片品村地域福祉計画・地域福祉活動計画 策定委員会が
開かれ、策定委員に選任された方々に委嘱状が交付され
代表で星野直(民協会長)に手渡されました。

今回の議題は、委員長、副委員長の選任が行われ
委員長に星野直(民協会長)、福委員長に
高山悦夫(総務文教常任委員長)、木下浩美(副村長)が
それぞれ選任されました。

また専門部会の委員が発表され、27日の
専門部会において委嘱状が交付される予定です。

 

参加された役員の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

 

つかいみちを選べる赤い羽根募金 配分式

1月~3月に取り組んだ「つかいみちを選べる赤い羽根募金」の
実績が確定し、吉野耕治事務局長が配分決定通知を頂きました。

本会では、募金目標額40万円に対して629,175円ものご寄付を
いただくことができました。
その金額に20万円余を県共同募金より助成して頂き、
合計829,175円を配分頂きました。

ご協力頂いた皆さんに心より感謝致します。
ありがとうございました。

翌日の上毛新聞には配分式の様子も掲載されました。

寄付の詳細につきましては、群馬県共同募金会ホームページをご覧下さい。
http://www.akaihane-gunma.or.jp/kifu/choice/

【資料提供】
赤い羽根ぐんまFacebookページより
https://www.facebook.com/akaihanegunma/posts/774197426073014

おたっしゃ料理教室(独居高齢者料理教室)

6月1日に片品村役場2階の調理実習室において
ひとり暮らし高齢者を対象に「おたっしゃ料理教室」が
行われました。

今年も食生活改善推進委員の共催で行われ、
それぞれ自己紹介がありました。

それぞれが班ごとに分かれ、テキパキと料理に取り組みます。

今年は男性の参加者が多く、皆さん
手際よく料理されていました。

出来上がった料理を、全員で美味しく試食しました。

今日のメニューはこちら。
レシピ(PDF)⇒レシピ

最後に全員で感想を述べてもらって、振り返りを行いました。

参加された皆さんお疲れ様でした。

 

 

第3区(花咲)地区別福祉関係者会議

今夜で最終となる地区別福祉関係者会議は、
第3区(花咲・針山)地区で開かれました。

第3区長の武藤秀文さんよりご挨拶頂きました。

続いて地元議員を代表して、高山悦夫さんにご挨拶頂きました。

社協より、地域福祉計画やふれあいサロン、災害時要援護者支援、
安心カード、スノーバスターズなどの説明、(写真)
役場保健福祉課より、生活支援体制整備の説明、
総務課より、地域防災会についての説明を行いました。

福祉計画の見直しとして、ワークショップで
地域の課題について意見交換してもらいました。

最後に安心安全マップ作りを行い、
地域の高齢者等の見守りネットワークの
確認を行いました。

 

今夜で8地区すべての福祉関係者会議が終了しました。
これからマップ作製・配布や福祉計画の専門部会等
皆さんに引き続きお世話になると思いますが、
よろしくお願いします。

 

第1区 地区別福祉関係者会議

5月26日の地区別福祉関係者会議は、
第1区(須賀川・御座入・菅沼・築地・下平)で
開かれました。

第1区長の星野英二さんよりご挨拶頂きました。

続いて地元議員を代表して、
星野栄二議員にご挨拶頂きました。

社協より、地域福祉計画やふれあいサロン、災害時要援護者支援、
安心カード、スノーバスターズなどの説明、
役場保健福祉課からは、生活支援体制整備の説明(写真)、
総務課からは、地域防災会についての説明を行いました。

福祉計画の見直しとしてワークショップで
地域の課題について意見交換してもらいました。

最後に安心安全マップづくりを行い、
地域の高齢者等の見守りネットワークの
確認を行いました。

参加された役員の皆さんご苦労様でした。

 


  • ページトップへ

社会福祉法人 片品村社会福祉協議会

〒378-0415  群馬県利根郡片品村鎌田4051-4
【TEL】 0278-58-4812   【FAX】 0278-58-3718
【E-Mail】 

Copyright © 社会福祉法人 片品村社会福祉協議会. All Rights Reserved.